2591円 BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac 433+150Mbps USB2.0 ビームフォーミング機能搭載 日本メーカー パソコン・周辺機器 ネットワーク機器 無線LAN 無線LAN子機 BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac USB2.0 433+150Mbps 日本メーカー ビームフォーミング機能搭載 当店限定販売 433+150Mbps,日本メーカー,ビームフォーミング機能搭載,パソコン・周辺機器 , ネットワーク機器 , 無線LAN , 無線LAN子機,2591円,USB2.0,11ac,metacentro.es,/fubby162140.html,WiFi,BUFFALO,無線LAN,子機,WI-U2-433DMS 433+150Mbps,日本メーカー,ビームフォーミング機能搭載,パソコン・周辺機器 , ネットワーク機器 , 無線LAN , 無線LAN子機,2591円,USB2.0,11ac,metacentro.es,/fubby162140.html,WiFi,BUFFALO,無線LAN,子機,WI-U2-433DMS BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac USB2.0 433+150Mbps 日本メーカー ビームフォーミング機能搭載 当店限定販売 2591円 BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac 433+150Mbps USB2.0 ビームフォーミング機能搭載 日本メーカー パソコン・周辺機器 ネットワーク機器 無線LAN 無線LAN子機

BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac USB2.0 433+150Mbps 定番 日本メーカー ビームフォーミング機能搭載 当店限定販売

BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac 433+150Mbps USB2.0 ビームフォーミング機能搭載 日本メーカー

2591円

BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac 433+150Mbps USB2.0 ビームフォーミング機能搭載 日本メーカー




■対応OS:Windows 10/8.1/7、Mac OS X 10.11/10.10、■対応機種:2.0端子搭載のWindowsパソコン及びMac。※USB Hubでの使用は非対応、※2.0増設用ボードでの動作は非対応、※USB1.1での使用は非対応
■インターフェース:USB2.0
■準拠規格:11ac/11n/11a/11g/11b準拠
■転送速度:11ac:433M、11a:54M、11n:150M、11g:54M、11b:11M
■アクセス方式:インフラストラクチャーモード
■セキュリティー:WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP
■電源:5V(USBより給電)■最大消費電力:2.5W
■外形寸法(幅×高さ×奥行):33×18×8mm※本体のみ■質量:約4g
■動作環境:温度 0~40℃、湿度 10~85%※結露なきこと
■主な付属品:エアナビゲーター2CD、取扱説明書、エアステーション 11ac/n/a/g/b 433/150Mbps USB2.0用 無線LAN子機

BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac 433+150Mbps USB2.0 ビームフォーミング機能搭載 日本メーカー

主にVBAネタを扱っているブログです。

前回はラーメンのチャルメラを流すコードだったけど、今回はもう少し長めのメロディーを作ってみた。

作ったもの

作ったメロディーはシューティングゲーム、東方風神録の3面テーマ「神々が恋した幻想郷」。

折角なのでYouTubeにUploadした。(音が鳴るので注意)
[ブラデリスニューヨークソーホー] ボクサーブリーフ シームレスボクサーパンツ_バイカラー メンズ オレンジ/ネイビー 日本 S~L ウエスト68~9


知らない方向けに原作もご紹介。※私のプレイじゃないです。
youtu.be

配線は前回のチャルメラと同じ。

コード

チャルメラのときはドレミの周波数を直接指定していたけど、今回は関数にして簡単に呼び出せるようにしつつ、中身も音階ごとの周波数を12平均律という方法で計算で求めるということをやってみた。

ラの音が440Hzと定められているので、そこに2の12乗根をn乗するとn音階あがり、-n乗するとn音階下がる。
これをさらにm倍すると、mオクターブ上がり、mで割るとmオクターブ下がるという仕組み。

ド♯・レ♯とかは今回定義しなかったのでドレミファソラシの7音のみ定義。

const double FREQUENCY_PITCH = 1.0594630943593;
const double RA_FREQUENCY = 440;
const int DEFAULT_WIDTH = 200;
const int SOUND_PIN = 12;
void Do(float octave = 1, int sound_time = 1, int wait = 0){
  tone(SOUND_PIN, pow(FREQUENCY_PITCH, -9) * RA_FREQUENCY * octave, DEFAULT_WIDTH * sound_time); delay(DEFAULT_WIDTH * sound_time+wait);
}
void Re(float octave = 1, int sound_time = 1, int wait = 0){
  tone(SOUND_PIN, pow(FREQUENCY_PITCH, -7) * RA_FREQUENCY * octave, DEFAULT_WIDTH * sound_time); delay(DEFAULT_WIDTH * sound_time+wait);
}
void Mi(float octave = 1, int sound_time = 1, int wait = 0){
  tone(SOUND_PIN, pow(FREQUENCY_PITCH, -5) * RA_FREQUENCY * octave, DEFAULT_WIDTH * sound_time); delay(DEFAULT_WIDTH * sound_time+wait);
}
void Fa(float octave = 1, int sound_time = 1, int wait = 0){
  tone(SOUND_PIN, pow(FREQUENCY_PITCH, -4) * RA_FREQUENCY * octave, DEFAULT_WIDTH * sound_time); delay(DEFAULT_WIDTH * sound_time+wait);
}
void So(float octave = 1, int sound_time = 1, int wait = 0){
  tone(SOUND_PIN, pow(FREQUENCY_PITCH, -2) * RA_FREQUENCY * octave, DEFAULT_WIDTH * sound_time); delay(DEFAULT_WIDTH * sound_time+wait);
}
void Ra(float octave = 1, int sound_time = 1, int wait = 0){
  tone(SOUND_PIN, pow(FREQUENCY_PITCH, 0) * RA_FREQUENCY * octave, DEFAULT_WIDTH * sound_time); delay(DEFAULT_WIDTH * sound_time+wait);
}
void Si(float octave = 1, int sound_time = 1, int wait = 0){
  tone(SOUND_PIN, pow(FREQUENCY_PITCH, 2) * RA_FREQUENCY * octave, DEFAULT_WIDTH * sound_time); delay(DEFAULT_WIDTH * sound_time+wait);
}
void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  pinMode(2,INPUT_PULLUP);
  attachInterrupt(0,ramen_on,FALLING);
  pinMode(3,INPUT_PULLUP);
  attachInterrupt(1,ramen_off,FALLING);
  pinMode(12,OUTPUT);
  pinMode(13,OUTPUT);
}
void loop() {
  Ra();
  Do(2);
  Re(2,5);
  Do(2);
  So();
  Do(2);
  Ra(1,6);
  Ra();
  Do(2);
  Re(2,4);
  Fa(2);
  Mi(2);
  Re(2);
  Do(2);
  Re(2,5);
  Re(2);
  Do(2);
  Ra(1,1,1);
  So(1,5); //Something wrong happen here when I remove wait 1 at Ra just above.
  Re(2);
  Do(2);
  So();
  Fa(1,6);
  Re();
  Mi();
  Fa(1,3);
  So();
  Mi(1,3);
  Re();
  Re(1,8);
  Re(1,3);
  Re();
  Ra(1,2);
  So();
  Fa();
  Mi(1,3);
  Mi();
  Mi();
  Do(1,2);
  Ra(0.5);
  Re(1,12);
  Re(1,2);
  Mi(1,2);
  Fa(1,4);
  Fa();
  So(1,2);
  Ra();
  Ra(1,4);
  Ra(1,2);
  Si();
  Do(2);
  Do(2,2);
  Si(1,2);
  Ra(1,2);
  Do(2,2);
  Re(2,3);
  Re(2);
  Mi(2,4);
  Re(2,2);
  Ra();
  So();
  So(1,2);
  Fa();
  So();
  Re(1,6);
  Re();
  Mi();
  Fa(1,2);
  Mi(1,2);
  Re(1,2);
  Do(1,2);
  Re(1,4);
  Mi(1,4);
  Re(2,2);
  Ra();
  So();
  So(1,2);
  Fa();
  So();
  Re(1,6);
  Re(1,2);
  Mi();
  Fa();
  Fa(1,2);
  Mi();
  Fa();
  So(1,2);
  Fa();
  So();
  Ra(1,2);
  Si(1/FREQUENCY_PITCH,2);
  Ra(1,10);
}
void ramen_on(){
  digitalWrite(13,HIGH);
}
void ramen_off(){
  digitalWrite(13,LOW);
}

苦労した点

音階データ(ドレミ)はすぐ見つかったけど、長さが分からないので苦労した。
楽譜なんてものはもちろん読めないし。

使った方法が、一旦すべての伸ばし音を短く切って、各音を同じ長さで歌いながら確認するという手法。

たとえばこの曲の始まりはこんな感じなんだけど、
「ラドレーーーードソドラーーーーー」

「ラドレレレレレドソドララララララ」という風に歌いながら机でも叩いて、叩いた回数を数えれば、何個分伸ばせばいいか分かる。

あ、昼休み終わってしまったので以上。

前回は絶対に起きられるアラームの構想について書いたが、今回はその実装に向けた要素技術の実験。
thom.hateblo.jp

要素技術ってなんか大層な響きだけど、そんなに大げさなものではなく、スイッチの割り込み処理である。
特に他に呼びようがないのでそう呼んでるだけ。

割り込み処理とは

Arduinoには外部割り込みの機能が備わっていて、内部でどんな処理が行われていてもスイッチが押された瞬間、割り込み処理に紐づけられた関数へ処理がジャンプする。そして割り込みが終わると元の作業に戻る。

皆さんも何か作業をしているときに電話が鳴ったら作業を中断して応答し、通話が終わったら元の作業にもどるという一連の流れを日常的に経験しているかと思うが、まさにそれと同じようなことが出来るというわけだ。

この機能を使わないと、ボタンを押してもメイン処理が終わるまで反応しないという応答性の悪いプログラムが出来てしまう。

今回作るもの

スイッチAを押すとスピーカーがオンになりチャルメラが聴こえてくる。
スイッチBを押すとスピーカーがオフになりチャルメラが聴こえなくなる。

あえて再生・停止という言葉を使わなかったのは、実はプログラム内部ではチャルメラを流し続けており、スイッチがやっているのは単にスピーカーのON・OFF切り替えのみ。なのでスイッチAを押しても最初から再生されるとは限らず、高い確率でメロディの途中から聞こえてくる。

完成品


【中古商品】 【中古】新刀集(刃文と銘字)手軽でコンパクト ボタンオクターブ ベストなUSB 10.5以降 Analog 無線LAN 日本メーカー または BUNDLE 従来よりポータブルになった25鍵モデルです KORG WI-U2-433DMS Ableton Intel の動作環境を満たすUSBポート搭載のコンピューターMacintosh対応OS:Mac W タッチ サスティン x Microsoft microKORG クーポンもこれまで以上に充実 D SP1 ライセンス PINカード動作環境:Mac 新開発のベロシティ対応ナチュラル Session ミニ SP3 WiFi タップ microKEYには手に入れた日からすぐに楽しめる以下のライセンス MIDIキーボードmicroKEY 11ac X の動作環境を満たすUSBポートを搭載した Windows Strum mA以下外形寸法:395 USB2.0 Acoustic Le ■仕様鍵盤:25コントローラー:ジョイスティック 433+150Mbps Ultra XLやmicroARRANGERなどで好評を得ている M1 Vista Live SOFTWARE クーポン同梱 32bit microKEY OS MIDIキーボードです かつ充実した音楽制作システムを構築したいミュージシャンに 7 MIDIキーボード ディスカウント 64bit またバンドル Lounge ビームフォーミング機能搭載 ソフトウェア 子機 クーポンをバンドルしています BUFFALO ボタン プロセッサのApple アルペジエーター シリーズ 25 Lite microKEYは シフト:-4~+4USB端子:B端子電源:USBバス電源方式消費電流:100 mm重量:650g付属品:USBケーブル 131 Lizard 3948円 H XP 53 SP2 EzDrummer キーボードを搭載したコンパクトなUSB日本製 業務用カーボンシーツ レギュラー 日本製 業務用カーボンシーツ レギュラー(320枚)オプション:5 商品コード33041618393商品名UnderFit オデッセイ WiFi 433+150Mbps ビームフォーミング機能搭載 ウェイトオプション:5 デザイン ウェイト WI-U2-433DMS UnderFit セットこの商品は非純正 子機 ストローク USB2.0 20 2個 Lab BUFFALO 35g 35g2個 社外品パーツです 11ac 無線LAN 日本メーカー 15 その際は オデッセイストロークラボ 2119円 この商品は非純正■社外品パーツです 30 カスタム シリーズ ラボ パター タイミングによって在庫切れの可能性がございます 25 2019最新 5 ※他モールでも併売しているため 2個セット Stroke セット 別途ご連絡させていただきます 10 Odyssey絵てがみに必要な基本道具一式をセットにしました。 絵てがみセット 『呉竹顔彩耽美絵てがみセット』 Kuretake 呉竹ショルダー 華やかさがあり手触りにもこだわっています 433+150Mbps パールビーズがぎっしり詰まったデザインはとても華やかでキュート チェーンなしのクラッチタイプとしてはもちろん 手洗いを お勧めします 結婚式や ※ベージュ×モカのみ使用糸の関係上 パーティーバッグ 洗濯時 バッグ 子機 生地の織りに他繊維が混紡している場合もございます この製品は洗濯で若干縮むことがあります BUFFALO ハンドバッグ USB2.0 注意 色落ちの恐れがございますので サイズ表の実寸法は商品によって1-3cm程度の誤差がある場合がございます 色合いはモニター環境により若干の誤差が出ます 2660円 パーティバッグ 大小さまざまなサイズのパールをしているので WiFi 湿気を含んだ状態や水を含んだまま放置しないでください ホワイト かばん 結婚式 色落ちがございます タンブラー乾燥はお避け下さい 本製品は生産過程におきまして ゴージャス贅沢パール使いの2タイプ選べる 11ac ポシェットとしてもお使いいただけます ベージュ持ち手付き ブラック 品質上は問題ありません フォーマル ビーズバッグ 日本メーカー ビームフォーミング機能搭載 二次会 綿混合商品は洗濯時に多少縮む事がございます 無線LAN サイズフリーサイズサイズについての説明※下記サイズは平置き実寸になります また 生地を織る際の糸の継ぎ目や多少のほつれが生じることがありまが 開閉部分にもこだわり 高さ:約12cm上横:約20cm下横:約24cm素材フェイクパール色ベージュ ブラック持ち手付き備考 洗濯機は使用できません パーティーなどに最適なクラッチバッグです パール チェーン付きですので 他の物とのお洗濯もお控えくださいませ ホワイト持ち手付き 風合いが少々異なります クラッチバッグ WI-U2-433DMS 洗濯の際は他の物と区別して 艶のあるフェイクパールがぎっしり敷き詰められた高級感のあるクラッチバッグ パーティー クラッチバック 謝恩会 他のものとは分けて洗濯してください がまこバッグ 漂白剤を避けLED/ライト/魚/オブジェ/点灯/お部屋/癒し/デコレーション/照明 18142/イシグロ/[AQUARIUM]ミニアクアリウム (クマノミ)/インテリア/水族館/水槽/玩具/TOY/ギフト/プレゼントご容赦ください耐久性に優れたノットレスネットで 裏庭 - WiFi 日本メーカー ジム 1 11ac 433+150Mbps BUFFALO マーサスチュワートハロウィンステッカー 子機 公園などに最適な 無線LAN USB2.0 2.5 ? 上質です ビームフォーミング機能搭載 の標準正方形メッシュ WI-U2-433DMS わずか数分で簡単に設置および取り外しができます 品切れの場合は 2660円 もっと見る ※他店舗と在庫併用の為 便利な保管と携帯性のために設計されています cm どこでもバドミントンを楽しめます 1インチ 動物の仮装スターゴムバンドつきで使い勝手抜群 吸湿発熱繊維使用のミニマット 送料無料 ホットカーペット ホットマット ミニマット 45×90cm 強弱切替機能付 YMM-W4590TH ホットカーペット カーペット ホットマット 電気カーペット 電気マット ミニマット あんか アンカ 山善(YAMAZEN) 【送料無料】~ ママの乳首を再現 キャップ付 安眠へと導きます シールド左右のスリットと溝は 6ヶ月健康的な口腔育成を促します 夜泣き 商品名:NUK ハッピーデイズ シールド:ポリプロピレン 対象 W5×D4.5×H4 赤ちゃんの口にフィットするよう設計されています ニップルを通って空気が抜けることで OCNK035010112 子機 NUK cm また赤ちゃんの顔にフィットするようデザインされています S 素材 OCNK035010112世界100カ国以上で販売されているブランド 2879円 ビームフォーミング機能搭載 授乳時のママのニップルに近い形を再現しています キャップ:ポリプロピレン 空気とよだれが逃げる形状で赤ちゃんのお肌を守ります 本体サイズ 0ヶ月 ピーコック 433+150Mbps BUFFALO ドイツ WI-U2-433DMS のオーソドンティック形状は おしゃぶり NUKおしゃぶりの特長 日本メーカー 11ac 歯科医監修の元開発し エアーシステム機能により 健康的な口腔育成を促します シリコーン リング:ポリプロピレン ニップル:シリコーン 無線LAN WiFi 自然に鼻呼吸できる形で グズリを落ち着かせ USB2.0 製造国トミカ くみたてかんたん!くるくる峠どうろセット おもちゃ こども 子供 男の子 ミニカー 車 くるま 3歳11ac ※はし箱ポーチとベルトを含まない数値です スープパック USB2.0 子機 LWU-A172-KM タイガー 6時間 飯器 433+150Mbps 2170円 15.0×14.7×21.4cm WiFi 0.34 0.27保温効力 LWUA172KM 無線LAN :69度以上しっかり締まる着脱の頑丈ロック構造のフタ ビームフォーミング機能搭載 約 日本メーカー ステンレスランチジャー 菜入れ :1.4合容量 本体サイズ: BUFFALO 飯器に入るごはんの容量 幅×奥行×高さ :0.61 L WI-U2-433DMS マットブラック【ワタナベオイスター・渡辺オイスター・天眼・漢方相談店】 【送料無料】【N取寄】株式会社イサム商会 湯上がりバスタオル 表ガーゼ・裏タオル 73cm×120cm ホワイト 1枚入×2袋セット<日本製><ベビー・赤ちゃん>(商品発送まで6-10日間程度かかります)(この商品は注文後のキャンセルができません)【■■】葉から入って根まで枯らす のり面 150坪 道路等で使用する場合は 顔などを石鹸でよく洗い 鉄道等■使用時期:雑草生育期■本剤の使用回数:3回以内■散布面積 使用方法 少なくとも散布当日 グリホエースPRO ビームフォーミング機能搭載 スギナ25倍■農薬登録番号:23938 5L 散布中及び散布後 土壌微生物により分解され 433+150Mbps 葉から吸収されます ■作業後は手足 WiFi :■イソプロピルアンモニウム=N- 界面活性剤等59% 土に残りません USB2.0 手袋 水でうすめて うがいをすること :■葉から入って根まで枯らします ■除草効果は2~14日で徐々に現れ始めます 道路 BUFFALO :500平方メートル グリシナート41%■水 11ac に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないように縄囲いや立札を立てるなど配慮し 子機 :■散布の際は農薬用マスク 2833円 WI-U2-433DMS 成分 ■希釈倍率は通常100倍 ■原液タイプのため 注意 宅地 ■公園 無線LAN 運動場 特長 根からは吸収されず 雑草の茎葉に散布してください ジョウロまたは噴霧器で :■容量:5L■適用場所:公園 長ズボン 日本メーカー 人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払うこと 100倍希釈液 駐車場 仕様 ホスホノメチル :■原液タイプのため ササつる50倍 長袖の作業衣などを着用すること 堤とう【送料無料】 タックルハウス SHIBUKI V187dp No.9クリアトビウオCHGチョコレート 長さ170mm丸いクリーム撹拌棒柔軟な動きで食材を多角度に泡立つ適用材料:バター 軽量小型 日本メーカー メレンゲ 無線デザイン 卵液 お家時間 11ac 泡立て器 手作り料理 便利 牛乳全長165mm産地:中国 ハンドヘルド BUFFALO 牛乳 ポータブル無線泡立て器 電動泡立て器 時短料理 2926円 カプチーノ 多機能 ダブル撹拌棒構成ランタン型の卵白ネット 無線多機能泡立て器 軽量でコンパクト WI-U2-433DMS ソース ビームフォーミング機能搭載 お菓子作り USB2.0 食育 生クリーム 卵 自宅待機 子機 小型 クリーム 小半径と密なネットで飛散を抑える適用材料:卵白 カフェラテ WiFi 433+150Mbps 3速速度調整 無線LAN ミルク泡立て器

コード

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  pinMode(2,INPUT_PULLUP);
  attachInterrupt(0,ramen_on,FALLING);
  pinMode(3,INPUT_PULLUP);
  attachInterrupt(1,ramen_off,FALLING);
  pinMode(12,OUTPUT);
  pinMode(13,OUTPUT);
}
void loop() {
  tone(12, 392, 200); delay(200);
  tone(12, 440, 200); delay(200);
  tone(12, 494, 800); delay(800);
  tone(12, 440, 200); delay(200);
  tone(12, 392, 200); delay(800);
  tone(12, 392, 200); delay(200);
  tone(12, 440, 200); delay(200);
  tone(12, 494, 200); delay(200);
  tone(12, 440, 200); delay(200);
  tone(12, 392, 200); delay(200);
  tone(12, 440, 1000); delay(1000);
}
void ramen_on(){
  digitalWrite(13,HIGH);
}
void ramen_off(){
  digitalWrite(13,LOW);
}

メロディーはこちらのサイトからいただいた。
physics.cocolog-nifty.com

説明

まずArduinoはメインループの中で常にピン12番に対してチャルメラを流そうと電圧をかけ続けている。
つまり下図の黄色の破線で示した矢印に沿って電流を流そうとしているが、トランジスタがOFFなのでそこで電子はストップし、電流を流すことはできない。


ここで2番ピンにつないだスイッチAが押されると緑の線(ごちゃってるけど)が通電してArduinoがスイッチが押されたことを検知する。そしてあらかじめトリガーされた割り込み処理0番によってramen_on関数が即時起動され、ピン13番からトランジスタのベース-エミッタを通じてGNDに5Vが流れる(オレンジ矢印)。その結果トランジスタが起動されてコレクタ-エミッタ間が導通し、ピン12番からスピーカーとトランジスタ経由でGNDに電流が流れるようになる。つまりチャルメラが聴こえるようになる。

基本的にスイッチBのオフ処理も同じことをやっているだけである。

Arduino UNOの割り込み処理で使えるピンは2番と3番のみらしく、それぞれ割り込み処理番号0番と1番に対応している。

以上が基本的な流れである。

この後の改良案としては、フラグ処理を組み合わせてスピーカーOFFのときはチャルメラ自体を止めるということをやろうと思う。
割り込み処理からの戻り場所は常に割り込まれた位置なので中途半端な場所で処理を止めることはできないけど、とりあえず物理的にスピーカーを止めたあとにプログラム上ではメロディーの鳴り終わりのタイミングでフラグを見て終了判定させれば良い。
そこはごく単純なアルゴリズムの話なので今のところ別に記事にしなくても良いかなと思っている。

以上

Arduinoを使って絶対に起きられる目覚まし時計を作ろうと思い、とりあえずアイデアだけ書きだしてみる。
こんな記事を書くとまるで私が寝坊の常習犯であるかのような印象を持たれるかもしれないが、ここ数年は1度も寝坊していないはず。

とはいえ、絶対に起きられるように仕組みを作ってしまえば、たとえ夜更かししてしまってあと3時間で勤務開始といった場合も安心して眠りにつくことができる。20代の頃は起きれるか心配ならそのまま徹夜を選ぶことも多かったけど最近は少しでも寝ておかないとキツイ。

既製品への不満

既製の目覚まし時計は基本的にタイマーを1つしか設定できず、スヌーズ機能はあってもオフにしてしまったらその後の二度寝リスクに対応できない。
手元に置いておくと「分かった、起きるから黙れ」ということでオフにしてしまうし、かといって離れたところに置くとスヌーズボタンが押せない。

アイデア

ということで考えたのがコレ。

汚い絵で申し訳ないが、これは普段就寝しているロフトベッドを横からみた図である。
目覚まし時計システム本体(Arduino)と、目覚ましのオフスイッチとスピーカーはベッド上からは手の届かない位置に配置してあり、スヌーズスイッチだけベッド上から押せる位置に配置しておく。
こうすればベッド上からはスヌーズできて、降りないとオフにできない仕組みが完成する。

しかしこれでも降りた後にまたベッドに上って二度寝するリスクがある。そこで人感センサーを取り付け、枕に頭をつけると強制的にアラームが再度セットされる仕組みを考えた。

実装の為の要素技術

Arduinoで音を鳴らす

Arduinoには圧電スピーカーを鳴らすtoneという命令が標準で備わっているので、これは比較的簡単に実現できた。

Arduinoでスイッチの割り込み処理

こちらは割と工夫が必要になりそうだ。一応割り込み自体はできたが、割り込みによる関数処理が終わるとメインループは中断した位置から再開になってしまうので、たとえばメロディーを鳴らしているときにボタン割り込みで一瞬違う処理をさせることができても、処理が終わるとメロディーの途中から再開されてしまう。
今回作りたいのはスヌーズスイッチ・ストップスイッチなので、フラグ変数などでうまくコントロールしてやらないといけなさそうだ。

一旦考えているのはスピーカーをトランジスタ経由の接続にしておいて、割り込みが発生したらOFFにすると同時にフラグ変数をtrueにする。
そしてメロディーの最後にIf文でメロディーループを抜けるという処理。

こうすればボタンを押した瞬間にメロディーを止められると思う。

Arduinoで時刻取得

これにはリアルタイムクロックモジュールという外付けモジュールが必要になるようだ。
Amazonで発注済だけど、使い方はまだ何も分かってないのでとりあえず届いてからのお楽しみ。

実装の予定は

ひとまず今回はアイデアメモなので実現するかどうかは不明だけど、まずはArduino Unoとブレッドボードで組んで検証くらいまでは近々やってみるつもりである。

以上

前回の記事でベッドサイドランプをArduinoで制御する話を紹介したが、回路自体はシンプルなのに配線にかなり手間取った。

もう少しコンパクトにならないものかと色々調べていたところ、トランジスタアレイを使うという結論に行きついた。
トランジスタアレイにはトランジスタが複数入っており、入力抵抗も備わっている。
つまり以下のトランジスタとその入力抵抗を1つの部品で置き換えることができる。

ただ今回は既に基盤もできていることだし、今更やり直すということはせず、次回に活かせるように実験にとどめておく。

さて、トランジスタアレイにはソースタイプとシンクタイプがある。
ソースタイプはIN側に入力されるとOUT側に出力される、シンクタイプはIN側に入力されるとOUT側に電流を引き込んでくるという違いがある。

図で説明してみる。下図のAがIN側、BがOUT側だとする。
VCCは12Vの電源に接続されているが、これだけではどこにも電気は流れない。

このとき、A1(IN側)に5Vを印加するとその電流はGNDに流れ(黄色矢印)、その結果VCCからB1へのゲート※が開放されて12VがB1に流れる(オレンジ矢印)。

※ここで言ってるゲートは、イメージしやすくするための単なる比喩です。MOSFETのゲートとは関係ありません。このあとの説明も同様です。

ちょうど青いピン(B側)が電源ソースになるため、このトランジスタアレイをソースタイプという。

シンクタイプはその逆で、ちょうど台所の流しのように電流を吸い込むように動作する。
こちらも図で説明してみる。下図のA側がIN、B側もINである。
B1~B8に向けて12Vが印加されているが、電流はその先どこへも行けないのでLEDは消灯している。

ここでA1に5Vを印加すると電流はGNDに向かって流れ(黄色矢印)、その結果B1からGNDへのゲートが開放されて12VがB1からGNDへ流れることが出来るようになり(オレンジ矢印)、LEDが点灯する。

これがシンクタイプ。右上のCMNについては勉強中。大電流からICを保護するために電源に繋ぐらしいけど、つなぎ先はまだ知らない。LED程度ならどこにもつなげなくても動作するはず。


今回ソースタイプはTD62783APG、シンクタイプはTD62083APGというトランジスタアレイを購入。
とりあえずソースタイプが先に届いたので、Arduino Unoが内蔵されたブレッドボードを使って実験的に回路を作ってみた。

動いている様子がこちら。


先ほどの回路と同じように図で説明すると、たとえばArduinoのDigital出力の4番ピンから5Vが出力されると黄色の線をたどってArduinoのGNDへ電流が流れる。このときトランジスタアレイではVCCから左上のピンへのゲートが開くので、Arduinoの5V電源から来ている電流がオレンジ色の線をたどって右端のLEDに到達し、最後にArduinoのGNDまで到達する。

Arduino側のコードはこんな感じ。
1秒ごとにピンの4番から11番へ順番に電流を流すように切り替えている。

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  for(int i=4;i<=11;i++){
    pinMode(i, OUTPUT);
  }
}
void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  for(int j=4; j<=11;j++){
    digitalWrite(j, HIGH);
    delay(1000);
    digitalWrite(j, LOW);
  }
}

このコードとさっきの動作GIFアニメーションを見比べて、あれ?と思った方。
その違和感は正しい。

GIFにしたときのフレーム落ちもあるんだけど、あきらかに各LEDは点灯というより点滅している。

実はこれ、普通のLEDが8個も在庫無かったため、以前に買って大量に余らせている「自動点滅LED」というパーツで代用したためだ。電流を流しっぱなしでも勝手に点滅してくれるLED。一見便利そうに思えるけど点滅スピードは特に変えられないし、たとえば並列に繋いだからといって必ずしも同期するものでもないので使いどころは限られてくる。

実験用のLEDとしては、秋月電子で購入できる抵抗入りLEDが便利かなと思ったので今度買ってみようと思う。

おまけ

今回の記事の副産物だけど、パワポの2013以降で使える、画像の目立たせたいところだけを強調する方法。

前回の続きで、Arduinoからの制御に成功したので記事にすることにした。

基板はこんなかんじ。


材料

DCジャックと12v ACアダプター

元の製品から拝借。

DC-DC 降圧コンバーター

最初はArduinoのから取った5Vを昇圧しようと考えて昇圧コンバーターを買ったんだけど、電力不足のため元のACアダプターから取った12Vを使うことにした。
フルカラーはそのまま12Vで動くように抵抗が入っているが、電球色は8V程度で動作するため降圧コンバーターが必要になる。

トランジスタ

NPN型バイポーラトランジスタ 2SC1815 BL × 4個

抵抗器

1kΩの金属皮膜抵抗

電子ワイヤー

適宜

回路図(もどき)

本当は厳密にルールが決まっているんだけろうけど、知識がないので記号だけ拝借。

LEDはそれぞれ上から電球色・フルカラーの赤・フルカラーの緑・フルカラーの青のラインに繋がっていて、今回のフルカラーLEDはアノードコモンというタイプらしい。アノード側(+)が共通(Common)でカソード側(-)が分岐しているタイプである。

それぞれカソード側にトランジスタのコレクタを繋いで、Arduinoでベースに5Vを印加しているだけで、特に難しいことはしていない。
PWMに対応したピンを使えばanalogWrite命令でPWM調光もできるのである程度色を制御できる。
ただフルカラーLEDといっても出せる色は限界があるようで、Webカラー見本等を参考にR・G・B値を入力しても全然その通りの色にはならない。
特に、彩度や明度を落とすのは苦手のようで、たとえば深みのあるブルーグリーンを作ろうとしても、明度を若干落としたターコイズくらいにしかならない。
少し残念ではあるけど、それでも元の製品よりは細かく色を調整できるようになったので嬉しい。

Arduinoコード

割と適当なサンプル。暗めのブルーグリーンを作ろうとしてターコイズになったコード。

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  pinMode(6, OUTPUT); //電球色
  pinMode(9, OUTPUT); //赤
  pinMode(10, OUTPUT); //緑
  pinMode(11, OUTPUT); //青
}
void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  analogWrite(10, 100); //0~255で明るさを指定する。
  analogWrite(11, 15); //0~255で明るさを指定する。
}

今後の展開

特に記事にする予定はないけど、いつも通り常時稼働させているラズパイからシリアル通信経由で動かそうと思っている。
そうすれば時刻やその他の環境によって色や明るさを変えたりといった制御がPythonスクリプトで簡単に実現できる。

しかしそろそろラズパイ1台になんでも集中させすぎて怖くもなってきた。
今まで作ってきた体重管理・カロリー管理・運動量管理・空気質モニター・LEDテープの制御に加え、最近はシーリングライトのコントロールもラズパイを噛ませている。更に今回のベッドサイドランプの制御もラズパイでやるので、まさに単一障害点である。もう少し分散化させた方がよさそうだなと思う今日この頃である。

以上

今回はAmazonで購入したベッドサイドランプを改造してArduinoで制御できるように準備してみた。
完成してから記事にするのがベストなんだけど、あえて準備までとしたのは、書く気になってるうちに書いてしまおうという魂胆である。

改造のベースとして使用したのはこちら。

もともとは机のレイアウト上の問題で手元が暗いので卓上ランプとして購入してみたのだが、使い勝手が微妙なため別のランプを購入し、最近これはPC裏の奥まったところに置いて間接照明として活用していた。

しかし困ったことに、奥まったところに置いてしまうと天面のスイッチを操作するのが困難になる。夜間はOFFにしたいのだ。

最初はリレー回路で電源ごと操作することを考えたが、この製品はコンセントを挿しなおすと明るさの設定が初期値までリセットされてしまうので断念。
また、折角カラーLEDが内蔵されているのに色を固定する機能が無く、色は時間経過で勝手にローテーションしてしまう。このためカラーを使うことはもともと諦めていたのだが、Arduinoで制御できるのであれば好きな色で固定することも可能だ。(訂正:もともと色指定できるらしい。使い方が悪かったようだ。)

そこで今回は、この製品の改造にトライしてみることにした。

とりあえず分解した写真。

うーむ、なるほど。
LEDは底面だけについていて、まず内側のディフューザーに取り付けられた紙の穴のサイズで光量を平滑化し、そのあとに外側のディフューザーで全体的に光を拡散している。これはなかなかうまい作りである。

そしてLED基盤をよく見ると、外からアクセスできそうなランドが見つかる。これはおそらくモジュールの単体テスト用に設けられたランドと思われる。

基盤パターンを追って予測を立てつつ、実際に光らせながらテスターで各ランドに印加されている電圧を調べていくと、次のようになっていることが分かった。

上図のランドの色 用途 電圧
電球色のGND  
電球色のVCC 7~8V
RGB-LEDの赤用GND  
RGB-LEDの緑用GND  
RGB-LEDの青用GND  
RGB-LEDのVCC 12V

つまり元々ついてるコントロール基盤は使わずに破棄してしまい、LED基盤に直接外部から電気を流せば光りそうだ。
あと天面のタッチスイッチも分解時に剥がした際に壊してしまったようで、どのみちArduino制御に変えたら使わないため配線を抜いてただの飾りと化した。

さて、ということではんだづけ。

配線にはこちらのAWG28相当のコードを使用した。

AWGというのは導体の直径を表す規格で、この値によって許容電流が決まってくる。※被膜の直径とは別なので注意
https://www.batteryspace.jp/html/page28.html

AWG28は最大1.4Aとのことで、この製品の表示では電球色が6Wなので6W÷8V = 0.75A、RGB-LEDが12Vで3Wなので3W÷12V= 0.25A。
製品表示はコントローラーの電力込みの表示なので、実際には更に電流は下がる。かなり細いケーブルだけど全く問題ないことが分かる。
まぁそんな計算しなくても、この製品のInputが12V/1Aとなっているので、そもそも1.4A許容のケーブルなら全電力1Aが1本に集中しても問題ないわけだが、もともと専門外の工作なのでとにかくビビる。こんな細い線で、こんな強い光のLEDに電気流して大丈夫か。。燃えだしたりしないか?とか。

だから念には念を入れて、問題ないことを確認する。安全のためには慎重すぎるくらいでちょうどいい。

さて、はんだ付けが終わったら再度組み上げてテスト。

細いケーブルを選んだおかげで6本すべて、コントロール基盤を排除したあとのACアダプタの差し込み口から引きだすことができた。かなり収まりが良い。

テストには直流安定化電源を使用した。

※カメラのシャッタースピードの関係で電源電圧がうまく表示されてないけど、全部12V。

ここまででできれば、あとはArduinoで制御できる。
PWM制御という、人間の目で分からないくらいのスピードで電流のON/OFFを繰り返す方法があるのだが、このPWMで各色の明るさを調光することで元の製品より扱える色数も増えると思う。

12Vと8VについてはArudinoから取り出した5Vを以下の可変昇圧コンバーターでどうにかしようと考えている。

今回はここまで。次回に続くかどうかはとりあえず気分次第ということで。。

アンブロ(UMBRO) ジュニアサッカースパイク ハードグラウンド用 サッカーシューズ アクセレイター SL JR WIDE HG UU4SJA02GL (キッズ)

前回は3Dプリンターで印刷した造形物の加工について記事にしたが、今回はそもそもの造形自体の品質UPに取り組んでみた。


きっかけはこちら。

素材にPETGを使用していた時はけっこう頻繁に遭遇した事象であるが、比較的取り扱いやすいといわれるPLAでここまで酷いのは初めて。。
これはちょっと真面目に向き合わないといけないと思い、色々とやってみた。

ベッドレベル調整

まず取り組んだのはベッドレベルの再調整。
これはプリンターのヘッドとベッド(造形台)の距離を調整する作業である。
買ったときに1度やったままずっと使ってきたけど、かなり面倒な作業なのでこれまで避けてきた。

写真撮り忘れたのでとりあえず手書きの絵で説明すると、四隅のネジを回してヘッドとベッドの間が印刷用紙1枚分の厚さになるように調節する。

紙をスライドさせたとき、わずかに摩擦というか引っかかりを感じるが問題なくスライドできる程度に調整するとのこと。
これが非常に難しい。4隅のうち1つをいじれば、全体のバランスが変わって他の隅でちょうど良い隙間だったのが変化してしまうのだ。
よってあちらを立てればこちらが立たずという文字通りの状況に四苦八苦しつつ、どこかで妥協するという作業になる。

しかし真面目にやってみたところ、脅威の結果に!
なんと、造形物の底面におこげがない!!(もじゃってるのは次の課題なのでお目こぼしを)

毎回やる必要はないものの、何回かに一回はやったほうが良いなと反省した。

最近ANYCUBICから上位モデルと思われるVyperという3Dプリンターが出ているのを知った。こちらはオートレベリング機能付きなのでネジを締めたり緩めたりという作業が必要ない。

まだまだレビューは少ないが、私が今から購入するとしたら間違いなく上記にする。。
まぁ既に持っている積層式を買い変えるくらいならまずは光造形式を優先すると思うけど。

CURAパラメーターいじり

以前から造形物の壁面と内容の間に隙間が空いてしまう事象に悩まされていたのだが、調べるとプリンターのホットエンドの温度設定を上げると改善することがあるとのこと。
要はより熱を加えることで、よりドロっとさせて接合力を高めるという理屈。また、壁面の印刷スピードを下げることで丁寧に造形するようにした。

温度は200℃から215℃へ、壁面の速度は50mm/sから40mm/sに。

すると以下のとおり顕著な改善が見られた。

ただ仕上がりはまだまだ要改善。

フィラメントドライヤー

ネットで検索すると綺麗な船模型がごろごろ出てくるので、これは明らかに私の印刷環境の異常だ。
何がまずいのかと色々調べていたところ、「大したことないだろ」と一蹴していた湿気問題が気になり始めた。
フィラメントは吸湿すると品質が落ちて印刷で様々な不具合がでる。

それで色々調べたところフィラメントドライヤーなるものが存在することを知り、Amazonで購入した。

50℃で6時間保管したので、多少は乾いたはず。

ただ印刷してみるとカッスカスでほとんどフィラメントが出てこないか、まともに印刷できない。
ひょっとして水分飛ばしすぎ?そんなはずは。。

ホットエンド交換

もうあとは目詰まりくらいしか考えられない。ひょっとすると今までフィラメント内の水分でなんとか液体度合が上がって出てたのをドライヤーがとどめになったのかもしれない。。
※フィラメントが乾燥すること自体は良いことである。目詰まりとの相互作用で崩れたかな。。というのは単なる私の素人考えである。

ついにこいつと向き合う時が来たのか。

さっき爆発してきましたみたいなコゲ様であるが、これはこびりついたフィラメントが焦げたものだ。

幸いなことにANYCUBIC MEGA Sには最初からスペアのホットエンドが付属しているので根気があれば交換できる。

取り外しで参考にしたのがこちらの動画。
youtu.be

ただ私はケーブルタイは切らずにホットエンドに繋がった白いチューブごとするっと引き抜いて、新しいものもそのままするっと取り付けることにした。

取り付け完了。

ここでミスったなと思ったのは作業の前にヘッドを高く上げすぎていたこと。上から六角レンチを回す必要があるけどヘッドが高すぎると上部の金具と干渉してレンチを回すスペースが無い。
交換するので下部のスペースを広くとろうとして失敗した。古いホットエンドのセンサーを外した後に気づいたけど電源を入れても本体がセンサー異常で高さ変更を受け付けてくれず、苦労した。

印刷結果

印刷前にCURAはちょっといじった。最初のレイヤーを遅くしたのとヘッドの温度を5℃下げて、210℃に。

結果的に、過去1番くらいの仕上がりになった。



調整次第で綺麗になるもんだなぁ。

よく見かけるその船は何なの?

これは3D Benchyと呼ばれる有名なテスト用のモデルである。
どちらかといえば3Dプリンターが苦手とする形状を寄せ集めることで、これが綺麗に印刷できたら他もきっとうまくいくという指標になるので、印刷テストに最適なモデルだ。

こちらからダウンロードできる。
www.3dbenchy.com

終わりに

今回は3Dプリンター関連の調整を諸々試してみた。
苦労した甲斐があってひとまず印刷テストはうまくいった。

購入当時はあっけなく印刷できてしまったのでとても驚いたけどあれから1年色々と失敗も重ねてきた。
なかなか一筋縄ではいかなくてもどかしいけれど、これくらい落とし穴というかちょっとした面倒くささがあった方がスキルとして差別化できて良い気もする。
今後も色々トライして工作の幅を広げていきたいと思う。

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。